キャッシングは在籍確認なしでも借りれるのか?

キャッシングは会社に電話がかかってくる。

他のローンでも同じですが、キャッシングでもしっかり会社に電話がかかってきます。

キャッシングで必要とされているのが、会社に電話をかける在籍確認です。

この在籍確認によって、感のいい社員だとキャッシングの電話ではないかと気づかれる可能性があります。

しかし、キャッシングでは在籍確認なしでも審査を通過できる場合があります。

ある方法を利用すると、在籍確認をしなくても会社で仕事をしている証明ができるのです。

この時期では、キャッシングの在籍確認について説明します。

①キャッシングの在籍確認は基本的に行われる
②在籍確認をしなければ働いている証明ができない
③在籍確認を免除する方法が一部の業者で取られている

キャッシングの在籍確認は必須

キャッシングでは在籍確認が必須とされています。

在籍確認をしないで審査を終えると、働いている証拠が得られないため、収入の信頼性が得られないのです。

在籍確認は会社に電話を入れる方法で行われますが、そのタイミングは本人に通知されません。

つまり、誰が電話に出るかわからない状態で電話がかかってくるため、場合によっては電話を勝手に切られてしまうなどの問題があります。

会社が電話に応じなかった場合、在籍確認で審査に落とされる場合もあるのです。

こうした状況を避けるためには、自分で電話に出られる状況が望ましいでしょう。

しかし、会社の誰が電話に出るかわからない以上、できれば在籍確認を避けたいと考える人は多いでしょう。

ただ、キャッシング業者によっては電話以外の方法を採用しないため、絶対に電話をかけられてしまうのです。

キャッシングは在籍確認が必須です。拒否すれば審査落ちとなります。

キャッシングの在籍確認の行い方 

キャッシングの在籍確認ですが、基本的に会社に電話を入れ、申込者がいるか尋ねてきます。

この電話で会社の人がいると伝えれば、電話を変わること無くそのまま電話を切るケースが多くなっています。

在籍確認ではキャッシング業者だと気付かれないように、個人名義で電話を入れるようにしています。

これによって、キャッシングだと気づかれない傾向があるものの、不審な電話のように思われてしまう可能性があるため、油断はできないのです。

また、感の鋭い社員が出てしまうと、キャッシングかカードローン関連だと思われてしまいます。

短時間で在籍確認が完了するケースが多くなっているものの、その時間の中でキャッシングを利用すると気づかれる可能性があります。

どうしても電話を入れてほしくない場合は、在籍確認を取らなくてもいい方法と業者を利用することになります。

在籍確認の電話は短時間で終わりますが、そのやり取りの中で気づかれるリスクはあります。

本人がいないと告げられると審査落ちに

会社の人が本人が在籍していないと告げてしまうと、在籍確認で仕事をしていると確認できなかったため審査落ちとなります。

また、会社側が不審な電話と判断して電話に出てくれないなどの問題が起きてしまうと、これも同じように確認が取れないため審査落ちとなります。

過去には在籍確認で虚偽の連絡をされたことで審査に落とされたというケースがあります。

本人が在籍しているのにいないと告げられてしまい、審査に落とされたという問題です。

キャッシングの在籍確認を回避する方法

キャッシングの在籍確認を回避する方法は存在します。

これは業者側に在籍確認をしないで欲しいと告げ、会社に関連する書類を提出することで在籍確認の代わりとしてもらう方法です。

社員証や給与明細など、会社で仕事をしている情報がわかれば、在籍確認の連絡を入れないで対応してくれることがあります。

しかし、対応している業者が限られているため、すべての業者で利用できる方法ではありません。

また、この方法を採用しても、電話がかかってくる可能性はあるので気をつけてください。

在籍確認を回避できる方法はありますが、業者の対応次第で変わってくるので注意が必要です。

在籍確認を回避できる業者

在籍確認を回避できる可能性があるキャッシング業者は以下の通りです。

・アイフル

アイフルは、書類を提出すれば在籍確認を回避できる可能性があります。

アイフル以外の業者では対応していないので注意してください。

SMBCモビットはWEB完結を利用した場合のみ、電話確認無しでの審査が可能です。

在籍確認についてはキャッシング業者が必要と判断した場合は行われますのでご注意ください。

まとめ

● キャッシングの在籍確認は必須条件
● 電話によって本人が在籍していると確認する必要がある
● 書類の提出で在籍確認を回避できる場合がある

キャッシングの在籍確認は必須であり、行っていない人は審査落ちとなります。

電話による連絡はトラブルが起きる可能性もあるため、できる限り避けられるなら避けたほうがいいでしょう。

書類によって確認してくれる業者がいくつかありますので、自分からお願いして書類提出での確認に切り替えてもらえるよう相談してください。