キャッシングの審査に通らない理由とは?

キャッシングの審査に落とされてしまった。

こうした声は様々なところで聞かれています。

審査に落とされる理由は様々ですが、キャッシングには明確に審査落ちとなる項目が多数あります。

こうした項目に引っかかっていないか、しっかり確認していく必要があるでしょう。

審査に落とされる原因が分かれば、対策も行いやすくなります。

まずはキャッシングの審査落ちについて確認し、どの項目が自分にとって影響するか知っておくといいでしょう。

①キャッシングの審査はさほど厳しいものではない
②審査落ちの原因は様々
③大半の場合は返済されないと思われる要因が原因となる

キャッシングは審査落ちの可能性がある

キャッシングの審査は、理不尽なほど厳しいものではありません。

しかし、審査に落とされてしまう人はいます。

審査に落とされてしまう理由は、キャッシング業者が「この人にはお金を貸せない」 と判断しているためです。

お金を貸せないと思われる要因が確認されている時点で、キャッシング業者は厳しい判断を下します。

キャッシングの審査に落とされる原因は、個人でしっかり確認しておく必要があるでしょう。

知らないまま審査を受け続けていると、どの業者からも審査落ちの連絡を受けてしまいます。

キャッシングは理不尽なほど厳しい審査を行っていませんが、審査落ちとなる可能性はあります。

キャッシングの審査に落とされる原因

キャッシングの審査に落とされる原因は以下の通りです。

・年収不足

・働いていない

・他社借入が多い

・信用情報が悪い

・電話に出ない

こうした要因によって審査に落とされてしまいます。

原因となる項目をしっかり確認し、対策ができるところは対策しておきましょう。

ここからは、キャッシングの審査に落とされる原因を詳しく説明します。

年収不足

年収が不足しており、明らかに貸せないと判断される状況では審査に落とされます。

具体的には、30万円以下の収入しか持っていない人は審査に落とされます。

これは総量規制の影響により、限度額が10万円に設定できないためです。

また、希望している限度額に対して年収が足りないと判断されれば審査落ちとなります。

年収の多い人は限度額を下げて申し込むなどの対策が必要です。

働いていない

キャッシングは仕事をしている人には融資ができますが、仕事をしていない人には貸せません。

そのため、無職が申し込んだ場合には審査落ちとなります。

また、専業主婦についても同様に審査落ちとなります。

これは個人の収入が確保されていないと判断されるためです。

キャッシングを利用するためには、個人の収入をしっかり確保するように心がけましょう。

なお、働いていたとしても、半年未満の勤務年数では審査に落とされてしまいます。

これは勤務実績が不足しているためです。

最低でも1年以上の勤務年数は確保したほうがいいでしょう。

他社借入が多い

他社の借入が多くなっていると、総量規制のルールによって審査落ちとなる場合があります。

総量規制の影響で、現時点で借りている金額と合わせて、年収の3分の1までしか借りられないルールが作られています。

このルールに違反するような借入は業者としては認められないため、他社借入が多すぎると判断されれば審査に落とされます。

また、借入額に問題はないものの、他社借入件数が5件以上に到達していると審査に落とされる傾向が高まります。

これは借りている会社が多いために信用できないためです。

借入件数についてもしっかり減らすように心がけてください。

信用情報が悪い

信用情報に問題がある人は審査に落とされてしまいます。

過去の借入で返済をしっかりしていない場合、または返済額を減額しているなどの問題が確認されれば、信用情報に悪いものとして残されています。

この情報を確認した時点で、キャッシング業者はお金を貸せないと判断するため、審査落ちとなります。

また、信用情報で審査落ちの件数があまりにも多すぎると、信用できないため審査に落とされてしまいます。

電話に出ない

申込後の電話に出ないなど、対応が悪い人は審査に落とされてしまいます。

審査を通過するためには、電話連絡にしっかり出て、対応する必要があるでしょう。

1週間以上電話に出ていないなどの問題があれば、審査を通過するのはかなり難しくなります。

なお、WEB完結の場合は電話がかかってこないケースが多いため、電話に出なくても審査は通過できます。

まとめ

● キャッシング審査は厳しいものではない
● 審査に落とされる原因は重大な問題が多い
● 1つ1つの項目を確かめて審査に落とされない対策を

キャッシング審査については、厳しいものではありません。

また、審査に落とされている人は、重大な問題を抱えていて貸せないと判断される事例が多くなっています。

まずは審査落ちにならないための対策をしっかり講じていく必要があるでしょう。

自分ができる限りの対策を取れば、キャッシングの審査を通過しやすくなります。