カードローンの繰り上げ返済のメリット・やり方を解説

カードローンを早く返済したいが、どうすればいいかわからない。

返済できる余裕を持っている人でも、早めに返済する方法がわからないと苦労します。

カードローンには繰り上げ返済と呼ばれる方法が用意されています。

繰り上げ返済を活用すると、すぐに大掛かりな返済が可能となるため、利息の返済等が減少します。

早く返済を完了したいと考えているなら、繰り上げ返済を検討してください。

この記事では、カードローンの繰り上げ返済について説明します。

カードローンの繰り上げ返済を使いたい人は、利用方法などを確認しておきましょう。

①カードローンの繰り上げ返済はメリットが多い
②繰り上げ返済はATMで行う傾向が多い
③繰り上げ返済の連絡が必要な業者も

カードローンの繰り上げ返済とは?

カードローンの繰り上げ返済とは、一般的な返済日以外で返済を行う方法です。

業者によっては臨時返済と表記する場合があります。

一般的に指定された日に返済する方法を約定返済と呼びます。

この約定返済以外の日程で返済したいと考えている場合、繰り上げ返済を利用して返済を行えるカードローンがあります。

繰り上げ返済を利用すると、指定された日以外でも返済対応が可能となります。

返済を早く済ませたいと考えている人、余裕があるので大掛かりな返済をしたいと考えている人は、繰り上げ返済を検討するといいでしょう。

一方で、返済に余裕がなければ繰り上げ返済は避けたほうが無難です。

「カードローンの繰り上げ返済は返済スピードを早めるために重要です。」

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットは以下の通りです。

  • 返済が早く完了する
  • 次の利息支払いが減少する
  • 繰り上げ返済は連絡不要でできる場合もある

返済が早く完了するのは、約定返済以外の日程で返済していることで、大きな金額を返せるためです。

同時に返済がスムーズに進んでいるため、次の利息支払いも減少させられるメリットがあります。

利息の支払いは負担が大きいため、できる限り繰り上げ返済で減らしておくのはいい方法です。

他にも連絡不要でできる繰り上げ返済もあります。

連絡しなければできない業者では使えませんが、マイページ等で利用できる業者であれば簡単に繰り上げ返済できるのはいいところです。

「繰り上げ返済のメリットは非常に大きいものです。」

繰り上げ返済の方法

繰り上げ返済の方法ですが、カードローン業者によって分かれます。

繰り上げ返済がマイページから依頼して、自由にできるものもあります。

この場合は、カードローン業者のマイページから依頼して、指定された振込先に返済するという方法になります。

返済先の口座番号等が記載されていますので、その指示に従って返済してください。

一方で業者への電話連絡が必要な場合もあります。

繰り上げ返済のために、電話連絡でオペレーターに相談し、振込先を提示してもらうというものです。

この方法は負担が大きくなりますが、業者によっては連絡が必須となっているため、電話以外での対応が不可能であれば対応するしかありません。

「カードローン業者によって方法は変わるため注意してください。」

まとめ

● カードローン業者は繰り上げ返済を認めている
● 繰り上げ返済はその後の返済が楽になる
● 業者によっては連絡を入れないと対応できない

カードローンの繰り上げ返済はメリットが多く、返済の負担が将来的に減るメリットを持っています。一方で、繰り上げ返済には電話連絡が必須となっている場合もあります。どのように繰り上げ返済を行うか、利用するカードローンを確認してください。