キャッシングは借金と同じ扱いなのか?

キャッシングは、貸付限度額以内であれば、いつでも自由に現金を引き出すことができる大変便利な商品です。急な出費が発生したときにキャッシングの利用を検討する方も多いかもしれません。しかし、中には「キャッシングは借金と同じ扱いなの?」と疑問を感じる人もいるかもしれません。

そこで、この記事ではキャッシングの基礎知識と上手な付き合い方にについてご紹介します。
正しい知識を身につけ、必要に応じて利用を検討しましょう。

お金を借りるという点ではキャッシングも借金
キャッシングの利用にはいくつかポイントがある
必要な借入金額と現在の収支を把握することが大切

キャッシングは借金なの?

キャッシングは借入をすることにより負債が発生するため、広義の借金であることには変わりありません。
借金という言葉を聞くと、マイナスのイメージを持たれる方も多いと思いますが、キャッシングは急な出費に対応できる便利な仕組みです。自身の収入にあった返済可能な借入をすることで、借金に対する不安は小さくすることができます。

返済できる金額を借りることが大事だね!

キャッシング利用時のポイント

 キャッシングの利用時には、借金は怖いと感じてしまう方もいらっしゃいます。

ここでは、そのような方に向けて、キャッシングを上手に利用するポイントについてご紹介します。

借入金額は大きくしすぎない

キャッシングの利用は、借入金額を大きくしすぎないことがポイントです。

これは、キャッシングの利用に限らず、全てのローン商品を利用する際に共通します。

自身の必要な借入金額や、現在の収支のバランスを事前に確認することが大切です。

返済計画をしっかりと立てる

キャッシングの利用は、自身の収入に合わせた無理のない返済計画を立てることがポイントです。

「借金は怖い」と感じてしまう理由の一つに、「返済のイメージができない」というものがあります。

借入前に返済計画をしっかりと立てることで、毎月いくらずつ、どのくらいの期間で返済をする必要があるのかを把握することができます。

将来の見通しを立てることで、借金に対する不安を軽減することができます。

複数の金融業者から借入しない

キャッシングの利用は、複数の金融業者から借入することは避けましょう。

よくある例として、「A社からのキャッシングへ返済するために、B社のキャッシングから借入する」といった状況があります。

このような状況は、俗に「自転車操業」と呼びますが、借入残高の総額は減らずに利息だけが増えていくことになります。

返済のための借入をしないということは、キャッシング利用時の重要なポイントです。

ボーナスなどの臨時収入時に返済額を多くする

キャッシングの利用は、ボーナス時などの臨時収入時に返済額を多くするようにしましょう。

ボーナス時は通常よりも収入が多く、それに伴って出費も多くなりがちです。

しかし、できるだけキャッシングの返済にあてることによって、将来の生活に余裕が生まれます。

キャッシングには繰り上げ返済が可能なものが多く、積極的に利用していきましょう。

ポイントを押さえてキャッシングを賢く利用しよう!

まとめ

ここまでで、キャッシングとは借金なのか、キャッシングの利用時のポイントについて紹介してきました。

お金を借りるという点では、キャッシングも借金と変わりありません。

しかし、利用時のポイントをしっかりと抑えることによって、計画的に利用し急な出費に対応することが可能な便利な商品です。

自身の必要な借入金額、現在の収支をしっかりと把握し、賢く利用していくようにしましょう。