キャッシング申し込みの必要書類とは?

キャッシングには色々な書類が必要になる。

これは利用する際にどうしても確認しなければならない点があるため、仕方ないことです。

実際にキャッシングでは2つの書類を提出するように求められます。

この2つの書類を出せるかどうかが、信頼性に大きく影響しているものと判断してください。

ただ、書類を提出しなくてもいい場合があります。

書類の数を減らせる可能性がある場合は、提出しなくてもいい方法を模索すると安心です。

この記事では、キャッシングの書類について詳しく説明します。

①キャッシングの必要書類は2つ
②契約方法によって提出しなくてもいい書類がある
③提出に必要な書類は確保すること

キャッシングで必要とされる書類は2つ

キャッシングでは必要とされる書類が2つ存在します。

その2つは以下の通りです。

・身分証明書

・収入証明書

この2つが必要となります。

書類を提出しなければ、身分や収入について説明できないため、審査に落とされてしまうのです。

また、虚偽の記載をしていると判断され、審査に落とされる場合もあります。

安心してキャッシングを利用するためには、書類の提出が何よりも重要です。

できる限り書類を提出できるように、事前の準備を忘れないでください。

ここからは、提出する書類について詳しく説明します。

キャッシングの必要書類は2つあります。以下の2つとも用意しておきましょう。

身分証明書

身分証明書は、本人確認書類とも呼ばれます。

必要な書類としては、個人情報がしっかり記載されており、公的な機関で発行されたものが有効となります。

また、顔写真の入っているものが対象となるため、顔写真の入っていない書類が使えない点に気をつけてください。

身分証明書として認められている書類としては以下の通りです。

・運転免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

・在留カード

この他にも認められている書類はいくつかありますが、代表的な書類は以上となります。

基本的には運転免許証かパスポートを発行して準備するといいでしょう。

最近ではマイナンバーカードを発行させることで、身分証明書として使えるようになります。

この書類は基本的に絶対提出しなければならず、提出しなかった場合は問答無用で審査に落とされます。

収入証明書

もう1つの書類は収入証明書です。

収入面の確認が必要となるキャッシングは、その証明書として収入証明書を出すように求められます。

これは昨年度の収入が分かれば問題ないため、基本的には前年度の書類を準備してください。

収入証明書として認められているものは以下の通りです。

・源泉徴収票

・確定申告書

・給与明細(複数月の書類が必要)

・所得証明書

他にも提出できる書類はいくつか用意されていますが、代表的な書類は以上となります。

基本的には源泉徴収票か確定申告書を出すといいでしょう。

どうしても書類が見つからない時は、給与明細を2ヶ月分以上提出すると認められる場合があります。

個人事業主の人で確定申告書が見つからない場合は所得証明書などを発行して提出すると認められる場合があります。

必要書類は提出しなくてもいい場合がある?

書類についてですが、収入証明書は条件次第で提出不要となります。

収入証明書は限度額が50万円以下の場合は不要となり、提出しなくても契約できます。

借りる金額を抑えておけば、収入証明書を出さなくてもいいメリットが生まれるため、書類の準備や審査の難易度を下げられるでしょう。

ただ、身分証明書は提出不要とならないため、絶対に準備するように心がけてください。

提出できない場合はほぼ間違いなく審査落ちを受けるため、どれだけ限度額を下げても借りられなくなります。

身分証明書は絶対に準備しておきましょう。

まとめ

● キャッシングの必要書類は身分証明書と収入証明書
● 提出する書類は決められているので注意
● 契約状況によっては収入証明書だけ不要となる場合がある

キャッシングは提出する書類があまり多くないと言えます。

ただ、提出する書類をしっかり準備しておかないと審査に通過できず、どのような状況でも借りられなくなります。

特に急いでいる場合は、書類をしっかり準備するように心がけ、提出できない書類がある場合は申込みを待つなどの対策を取りましょう。

安心して審査を受けられる状況を作ってからキャッシングへ申し込むのです。