キャッシングの信用情報とは? 傷があると借りれない?

キャッシングは信用情報が重要だ。

これを目にした方もいるかもしれません。

キャッシングの審査では信用情報を確認する傾向があります。

この情報を確認した上で、本当に問題なく貸し出せるのか、業者側が判断しているのです。

問題のある情報が多々見つかれば、信用情報が原因で審査に落とされることが多くなります。

審査に落とされないためにも、キャッシングの信用情報はとても重要だと理解してください。

この記事では、キャッシングの信用情報について詳しく説明します。

①キャッシングの信用情報は重要
②信用情報の内容によって審査結果が変わる
③信用情報に傷がついている時は待つこと

キャッシングは信用情報で審査結果が大きく変わる

キャッシングでは個人的に提出されている書類以外にも、キャッシング業者側によって確認されている情報があります。

その情報というのが信用情報です。

信用情報というのは、これまで借入や分割払いを利用している人が正しく返済しているか、または問題のある行為をとっていないかを記載しているものです。

こうした情報をキャッシング業者は確認し、融資をしても大丈夫なのか判断しています。

信用情報はいくつかの機関が用意されていますが、基本的に内容はほぼ同じですので違いはありません。

ただ、業者によって契約している会社が異なるため、利用している信用情報機関は変わっている点に気をつけてください。

信用情報によって審査結果が変わることも多々あります。

普段の生活から借入や分割払いといった利用には気をつけたほうがいいでしょう。

キャッシングの信用情報は審査に大きく影響する要素ですよ。

信用情報で何を確認している?

信用情報では、基本的に融資を受けて返済しているかという情報を確認しています。

これはキャッシングを過去に利用して返済しているのか、分割払いを利用してしっかり払っているのかなど、返済に関連する情報が全て含まれます。

また、信用情報では審査を受けた時の情報が記載されています。

キャッシング業者に審査を受けた情報がしっかり残されており、その結果が確認できます。

この情報で審査落ちを繰り返していると確認されれば、この人は信用できないと判断されて審査落ちとなります。

当然ですが、信用情報に傷がついているとされる、返済していない状況などは審査落ちの原因になります。

こうした情報が残されている時は審査を受けないほうが無難です。

信用情報では審査落ちの関連している情報が確認されています。

信用情報に傷をつける原因

信用情報に傷をつける原因は以下の通りです。

・返済の遅延や滞納

・審査落ちを繰り返す

・債務整理

こうした行為が確認されると傷がついてしまい、審査落ちとなります。審査落ちを避けるためには、これらの行為を避けるように心がけましょう。

ここからは、信用情報に傷をつける原因について詳しく説明します。

信用情報を悪化させない方法を知っておきましょう!

返済の遅延や滞納

過去にキャッシングを利用していたものの、返済していない場合は傷がついてしまいます。

信用情報では2年程度この情報が残されている傾向があります。

また、携帯電話の分割払いについても同様の処理が取られており、返済していない場合は信用情報に影響が及んでしまいます。

携帯電話の支払いを行っている人も気をつけてください。

なお、2年程度が経過すると、返済遅延や滞納といった情報は削除され、傷がない状態に変わります。

過去に問題を起こしている人は、しばらく待ってみるといいでしょう。

審査落ちを繰り返す

キャッシングの審査に落とされ続けていると、信用情報に傷がついてしまいます。

審査落ちを繰り返していると、それだけで信用は失われます。

その情報が他の業者にも共有されれば、キャッシングの審査は通過できないでしょう。

こちらについてもある程度の年数は情報が残されています。

審査落ちを繰り返している時は、何が原因で落とされているか確認しつつ、信用情報の改善までに時間を使うといいでしょう。

債務整理

借金を減額した場合、信用情報に傷がついてしまいます。

債務整理は最も信用情報に影響が及び、5年程度情報が残される場合もあります。

一番大きな方法である自己破産を行った場合、10年程度残している信用情報機関もあります。

債務整理を行った人は、当面信用情報が悪い状態となりますので、キャッシング審査を受けないほうがいいでしょう。

まとめ

● キャッシングの信用情報は審査の決め手となる
● 傷がついていると審査に落とされやすい
● ある程度の時間が経過すると傷は塞がる

キャッシングでは信用情報が何よりも重要です。

審査に落とされないためには、信用情報を常にいい状態としておく必要があるでしょう。

特に過去の利用に問題がある場合は、信用情報を改善してから審査を受けるなどの対応を検討してください。