【キャッシング】コンビニでお金を借りることはできる?

  • 消費者金融
  • クレジットカード
  • 銀行キャッシュカード

コンビニでキャッシングする方法は、以上の3つです。

それぞれ、どのようにコンビニでお金を借りるのか紹介します。

それぞれの特徴やメリット、注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

①コンビニでキャッシングするなら消費者金融が便利
②クレジットカードでもコンビニでキャッシングができる
③銀行キャッシュカードでコンビニからお金を借りる方法

コンビニでキャッシングするなら消費者金融が便利

コンビニでキャッシングするなら、消費者金融が便利です。

同じ消費者金融でも中小よりも大手の方が、より便利でしょう。

中小でもコンビニキャッシングはできますが、銀行振込による融資が主流なので、大手に比べて一手間余分な作業が必要になるからです。

大手消費者金融は、契約にあたって専用のカードを発行してくれます。

大手が発行するカードは、セブン銀行やローソン銀行といった主要なコンビニATMに対応しているので、スムーズにコンビニでキャッシングできるでしょう。

消費者金融でコンビニキャッシングするためのワンポイントアドバイス

消費者金融でコンビニキャッシングする場合、Webから審査を申し込むと、さらに便利でしょう。

スマホアプリを利用して、コンビニでお金を借りることができるからです。

急ぎの場合は特に、スマホアプリによるコンビニキャッシングは、有効な方法になるでしょう。

カードが手元に届く前に、スマホアプリでコンビニキャッシングできるからです。

数あるコンビニ銀行の中でも、セブン銀行はスマホアプリによるキャッシングに、完全対応しているのでおすすめします。

クレジットカードでもコンビニでキャッシングできる

クレジットカードを持っている人なら、クレジットカードのキャッシング枠を使って、コンビニでお金を借りることができるはずです。

クレジットカードを申し込む際、こちらから拒否申請をしなければ、通常は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が同時に付いてきます。

お手持ちのカードにキャッシング枠が付帯されている場合、コンビニでお金を借りることができるでしょう。

ただし、クレジットカードの利用可能額は、「ショッピング枠とキャッシング枠の合計」で計算されるので、注意してください。

例えば、クレジットカードの利用可能額が50万円で、既にショッピング枠で30万円使っている場合、キャッシングの限度額は20万円になります。

必然的に、消費者金融に比べてクレジットカードのキャッシング限度額は、小さくなりやすいはずです。

クレジットカードによるコンビニキャッシングは、日常のちょっとしたピンチを乗り切るのに適した方法と言えるかもしれません。

銀行のキャッシュカードでもコンビニでお金を借りることが可能

「銀行のキャッシュカードでもコンビニでお金を借りることが可能」とはどういうことなのか、イメージしにくいかもしれません。

「カードローン機能付帯型の銀行キャッシュカードを使う」ということです。

まずは、銀行のキャッシュカードにローン機能を付帯させなければなりませんが、たいていの場合、銀行に申し込んでから2~3日程度で利用可能になるでしょう。

メガバンクはもちろん都市銀行のほとんどは、コンビニ銀行と提携しています。

銀行のキャッシュカードでお金を借りる場合、銀行が提携するコンビニATMなら利用手数料が無料になるケースが多いのが、利用にあたってのメリットです。

まとめ

コンビニでキャッシングするなら、消費者金融がおすすめ
クレジットカードのキャッシング枠を使って、コンビニでお金を借りることもできる
銀行のキャッシュカードにローン機能を付ければ、コンビニでお金を借りることが可能

コンビニでお金を借りるなら、消費者金融が利便性の面からおすすめです。

緊急でお金を借りる必要性がある人には、即日融資にも対応してくれる消費者金融に、Webから申し込むことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング機能や、銀行のキャッシュカードにローン機能を付ける手段もあるので、ご自分に最適な方法を選択するとよいでしょう。