カードローンを内緒で利用したい!誰でもバレずにお金を借りるには?

カードローンを利用していると知られたくない。

カードローンの利用を検討している人は、このような思いを持っています。

他人にカードローンを利用していると分かれば、イメージダウンは避けられません。

また、お金を借りているとバレてしまうと、家族から厳しい指摘を受けるでしょう。

どうしても知られないようにするには、カード発行から利用状況までを個人で確認する手法が必要となります。

この記事では、カードローンを利用しているとバレないための方法について説明します。

カードローンを誰にも知られずに利用したいのであれば、これから紹介する方法を利用してください。

①カードローンは発行できる手法を変えると自宅に郵送されない
②明細はネットで確認するよう心がける
③返済遅延は絶対に避けること

カードローンを誰にも知られずに発行する方法

カードローンは基本的に自宅へ郵送される商品ですので、自宅へカードが届いてしまいます。

このカードを見られた時点で、カードローンを利用すると気づかれてしまいます。

まずはカードを郵送されないように調整しましょう。

一部のカードローンでは、カードを発行するための機械を通じて、利用者がカード発行手続きを可能にしています。

自分でカードを発行すれば、自宅に郵送でカードが届く心配はありませんので、安心してカードローンを利用できます。

まずはカードローン申し込みの前に、自分でカードローンを発行できないか確認しておきましょう。

「カードローンを自分で発行できる方法が使えると気づかれません。」

カードローンの利用状況はネットで確認しよう

カードローンを利用すると、利用明細が届きます。

この利用明細ですが、郵便で届いてしまうために誰かに知られる恐れがあります。

より安心してカードローンを利用したいと考えているなら、ネットで利用明細を確認するようにしましょう。

近年はカードローンの利用明細はネットのみで対応しているケースが多くなっています。

マイページなどから現在の利用状況を確認し、問題があるようなら返済額を増やすなどの対応が簡単にできます。

できる限りネットの利用明細を使い、誰にも知られないように情報を隠していく必要があるでしょう。

また、ATMを利用しても確認できるため、外出先で情報を確認しておく方法もあります。

「利用明細は誰にも知られないように確認しておきましょう。」

カードローンの返済遅延は絶対に避ける

どれだけ情報を隠すようにカードローンを使っても、返済遅延が1度入るだけでバレてしまうため注意が必要です。

カードローンの返済遅延は、まず本人に対して電話連絡を入れます。

ただ、本人と電話連絡が取れない場合、自宅に対して連絡を入れる場合が多くなっています。

この自宅の電話に家族が出たことで、気づかれる可能性は高くなります。

また、返済遅延が送ると郵送物も自宅に届いてしまいます。

電話以外の部分でも返済遅延に気づかれる恐れが高くなるため、基本的には返済遅延を避けるようにしましょう。

「返済遅延はこれまでの苦労を無駄にする行為です。絶対に避けましょう。」

まとめ

● カードローンは個人でも発行できる
● 利用明細も自分で確認するように心がける
● 返済遅延によって気づかれる恐れがある

カードローンは自分で発行しておけば、自宅にカードを郵送される心配がありません。また、利用明細についても見られる心配のない方法であれば安心でしょう。返済については絶対に遅れないように心がけ、墓穴を掘らないように気をつけてください。