キャッシングの限度額とは?わかりやすく解説

キャッシングの限度額はどのように決められているのだろう。

キャッシングの仕組みがわからない人は、このような疑問を感じてしまうでしょう。

限度額は個人が業者から借りられる限界を指しています。

金額が多ければ多いほど借入額も増えますが、収入を持っていない人には大きな限度額が期待できません。

少しでも大きな借り入れをする場合は収入を増やす必要があります。

この記事では、キャッシングの限度額について説明します。

限度額の仕組みを理解したい人は、この記事を読んで仕組みを理解しておきましょう。

①キャッシングの限度額は収入を基に決められる
②限度額が多ければ多いほど金利も下がる
③限度額が設定できない場合は審査落ち

キャッシングの限度額とは?

キャッシングの限度額は、個人が借りられる最大の金額を指す数字です。

すべてのキャッシングでは、その人に最大で借りられる金額が提示されます。

この金額を超える借入はできなくなっています。

限度額の設定には収入が大きく関与しており、キャッシング業者は年収の3分の1までに限度額を制限しています。

理由としては総量規制というルールが関与しており、キャッシングを提供する際は必ず年収の3分の1までに制限するよう義務付けられています。

キャッシング業者が勝手にルール違反をすると、貸金業者として認められなくなり、サービスを提供できなくなる問題が発生します。

限度額については、キャッシング業者が最終的に情報を整理し、問題なしと判断された数字が提示されます。

あまり大きな限度額は期待できないものの、収入を持っている人は大きな借入が期待できるでしょう。

「キャッシングの限度額は収入などによって決められます。」

キャッシングの限度額は金利に影響する

キャッシングの限度額ですが、金利にも影響を与えています。

限度額が増えると、金利の数字を下げられるメリットがあります。

限度額が増えると、金利を下げて融資させなければ、他社に負けてしまう可能性があります。

そこで他社の金利などもしっかり把握した上で、どれくらいの限度額で金利下げていいか業者側が判断しています。

限度額が多くなればなるほど、金利面については大幅に優遇される可能性もあります。

一方で、限度額が低いと一番高い金利が適用される可能性が高くなります。

金利面での優遇が期待できないため、限度額が低い人は金利に期待しないほうがいいでしょう。

「限度額と金利は密接な関係があります。」

キャッシングの限度額が設定できないと審査落ち

キャッシングの限度額は審査で決められますが、審査時に限度額が設定できないと判断されれば審査に落とされます。

審査では収入などから自動的に限度額を算出できる仕組みが導入されています。

この仕組を活用することで、キャッシングの限度額はスムーズに決められています。

ただ、収入不足や過去の問題が多すぎるなどの影響から、審査に落とされている人もいます。

限度額が算出できない、または問題が多すぎて限度額を設定するのは困難と判断された人は、審査に落とされるものと理解しておきましょう。

「審査に落とされるのは限度額を作れない収入も影響しています。」

まとめ

● キャッシングの限度額は借入の限界値
● 限度額と金利は大きな関わりがある
● 限度額が設定できない人は審査に落とされる

キャッシングの限度額はあまり大きくならない傾向があります。総量規制というルールの中、自分が持っている収入が大きく審査に影響していることを知っておきましょう。また、限度額が設定できないような状況で申し込まないように心がけてください。