キャッシング審査の流れをわかりやすく解説

キャッシングの審査はどうやって行っているのだろう。

短時間で終わる理由などがよくわからないため、疑問に思う人もいるでしょう。

キャッシング審査は申込内容を確認した後、正確な情報か判断する作業が行われます。

問題ないと判断されればすぐに審査結果を通知し、契約する流れになります。

ただ、問題のある申込みはすぐ排除できるように審査が行われています。

この記事では、キャッシングの審査がどのように進められているか説明します。

これからキャッシング審査を受ける際は、審査の流れをしっかり確認しておきましょう。

①キャッシング審査は情報確認と正確性を判断する作業が主体
②電話連絡等が入るためしっかり対策しよう
③審査に落とされると電話が入らない

キャッシング審査の流れ

キャッシング審査については、以下の流れに沿って行われます。

  • 申込内容の確認
  • 限度額などの設定
  • 本人確認による虚偽記載の判断
  • 在籍確認による収入元の確認

こうした流れによって進められます。

基本的に限度額を設定できる申込内容か確認した後、問題がなければ収入に応じた限度額が設定されます。

その後、申込内容を元に本人確認や在籍確認を行い、問題がなければ審査通過となります。

何らかの問題が1つでも生じている場合は審査に落とされます。

「キャッシングはこれらの審査を30分程度で完了しています。」

キャッシング審査で申込者が対応すべき部分

キャッシングの審査では、申込者が対応すべきポイントがいくつかあります。

  • 本人確認の電話確認
  • 収入証明書の提出(求められた場合)
  • 在籍確認(本人が出る必要はない)

こうした審査が行われますので、しっかり対応しておきましょう。

本人確認は申込内容を確認するための電話連絡となります。

この内容に問題があると判断されれば審査に落とされます。

また、電話に出なかったなどの理由があれば審査に落とされます。

収入証明書については、限度額が50万円を超える人、または収入の確認が絶対に必要と判断された人が対象です。

この場合は収入証明書をしっかり提出してください。

提出しなかった場合は審査に落とされます。

最後に在籍確認が行われます。

在籍確認は会社に電話を入れて、本人が働いているか判断するものです。

この確認については、会社側が電話に出ない、本人が在籍していないと判断されない限りは審査に落とされません。

「審査では対応すべきポイントがいくつかあります。」

申込者が関与しない審査内容

申込者が関与できない審査内容も一部あります。

  • 申込内容の確認
  • 信用情報の確認
  • 限度額の設定

こうした部分については、キャッシング業者がすべて対応するため、申込者は関与できません。

申込内容の確認については、限度額が設定できないもの、虚偽の記載があると判断されたものなどは審査に落とされます。

信用情報については、過去の利用状況に問題があるか確認しており、この内容に問題があれば審査に落とされます。

どのような場合でも、審査に落とされた場合はメールによる通知だけが届きます。

電話の確認が入らないものの審査結果が通知されている際は、基本的に審査落ちと判断してください。

「個人が関われない部分は業者の判断に委ねることとなります。」

まとめ

● キャッシング審査は確認作業が主体
● 問題があれば審査に落とされる
● 電話連絡等の対応はしっかり行う

キャッシング審査はすぐに完了しているものの、審査内容についてはかなり細かく見ているのも事実です。審査に落とされないため、対応すべき部分はしっかり対応しておきましょう。