公務員も消費者金融でキャッシングできるのか?他の方法がおすすめ?

公務員は、収入が高く安定している職種のひとつです。

公務員のこの特性は、消費者金融のキャッシング審査において、極めて有利に働くでしょう。

公務員がお金を借りる方法は、消費者金融のキャンシングだけではありません。

公務員には、共済組合の貸付制度や銀行ローンもおすすめします。

なぜ、公務員には共済の貸付制度や銀行ローンが、おすすめなのでしょう。

公務員も消費者金融でキャッシングできるのか、公務員に共済組合の貸付制度や銀行ローンをおすすめする理由を、それぞれ解説します。

①公務員も消費者金融でキャッシングできるのか?
②公務員に共済組合の貸付制度をおすすめする理由
③公務員に銀行ローンをおすすめする理由

公務員も消費者金融でキャッシングできるのか?

公務員も消費者金融でキャッシングできます。

むしろ公務員こそ、消費者金融でキャッシングしやすい職種のひとつと言えるでしょう。

公務員が消費者金融でキャッシングしやすい理由は、以下の2点です。

  • 収入が高く安定している
  • 共済組合に加入している

公務員は、収入が高く安定している職種です。

消費者金融のキャッシング審査において、「収入が高く安定している」ことは、最も重視されるポイントと言っても過言ではありません。

公務員というだけで、消費者金融のキャッシングにおいては、有利なのです。

公務員なら原則として、共済組合に加入しているはずです。

共済組合には組合員のみが利用できる、さまざまな貸付制度があります。

仮に消費者金融への返済が滞っても、共済からお金を調達することが可能なので、貸し倒れ(貸したお金が回収できなくなること)のリスクが低いと判断されるのです。

ただし、信用情報に問題があれば、公務員でも審査落ちするのは言うまでもありません。

公務員には共済組合の貸付制度がおすすめ

公務員には、共済組合の貸付制度がおすすめです。

共済組合は、共済員の福利厚生を目的にしています。

共済員とはこの場合公務員を指すので、共済組合の貸付制度はそもそも、公務員の福利厚生を目的にした制度と言えるでしょう。

つまり、共済組合の貸付制度は、公務員が困った時のために用意された制度なので、公務員にとってお金を借りる際のハードルが低いのです。

共済組合には以下の通り、さまざまな貸付制度が用意されています。

普通貸付住宅貸付医療貸付一般災害貸付入学貸付
修学貸付結婚貸付葬祭貸付出産貸付 

用途が限定されるのが難点ですが、貸し付けの種類が豊富なのでいずれかの目的に合致すれば、お金を借りるのにそれほど苦労はしないでしょう。

公務員には銀行ローンもおすすめ

公務員には、銀行ローンもおすすめします。

公務員は消費者金融のキャッシング同様、銀行が展開する各種ローンの審査にも通りやすい職種だからです。

銀行ローンの場合、消費者金融のキャッシングよりも、はるかに低い金利でお金を借りられるメリットがあります。

消費者金融の金利は一般的に18.0%前後ですが、銀行ローンの金利はおおむね1.0~5.0%前後です。

その差は、歴然でしょう。

ただし、銀行ローンの中でもカードローンの金利は、15.0%がひとつの目安になります。

他の銀行ローンよりかなり高い金利ですが、それでも、消費者金融のキャッシングよりは低い金利です。

いずれにせよ、銀行ローンが全般的に公務員におすすめの方法であることには、変わりがありません。

まとめ

・公務員も消費者金融でキャッシングできる(審査においては有利)
・公務員には公務員の福利厚生のためにつくられた、共済組合の貸付制度がおすすめ
・公務員には低金利で利用できる、銀行ローンもおすすめ

公務員も、消費者金融でキャッシングできます。

むしろ、公務員であることは審査において、有利に働くでしょう。

公務員には公務員だけが利用できる、共済組合の貸付制度をおすすめします。

共済組合の貸付制度は、組合員(公務員)の福利厚生を目的にした制度なので、公務員がお金を借りる方法としては、うってつけかもしれません。

公務員には、銀行ローンもおすすめします。

審査に通りやすい上に、低い金利でお金を借りられるからです。