失敗しないカードローンの選び方のコツ・ポイントとは?

カードローンの選び方に失敗したくない。

初めてカードローンを保有する人は、絶対にこの思いを持っているでしょう。

カードローンは、選ぶ商品によって成功も失敗もあります。

場合によっては大きな失敗となり、利用しづらいものを保有し続ける可能性があります。

絶対にいいものが欲しいのであれば、事前の情報収集をしっかり行いましょう。

この記事では、カードローンで失敗しない選び方について説明します。

カードローンで失敗したくない人は、どのカードローンを選べばいいかしっかり覚えておきましょう。

①カードローンのスペックはすべて確認しておく
②失敗する人は限度額と金利以外の情報を見ていない
③金利が高いカードローンは避ける

失敗しないカードローンの選び方

失敗しないカードローンの選び方ですが、基本的にカードローンのスペックはすべて確認しておきましょう。

カードローンのスペックは、基本情報などに記載されています。

この情報で自分が望んでいるものが記載されていないなどの問題があれば、基本的に避けたほうがいいでしょう。

自分が望んでいるスペックを持つカードローンを選ぶのがまずは大事です。

次に限度額と金利以外の情報を確認しておきます。

具体的には、カードローンを発行するまでにかかる時間と返済方法です。

返済方法では、口座引き落としが使えないものもありますので、引き落とし対応を望んでいる人は返済方法の確認は絶対行いましょう。

最後に審査の難易度を見ておきます。

審査の難易度が高いカードローンは、利用できない可能性があります。

最初から利用できないと思われるものは避けて、自分の収入等で利用できるカードローンを考えましょう。

「カードローンの失敗を避けるためにはいろいろな情報確認が重要です。」

カードローンで失敗する人は金利を見ていない

カードローンで失敗している人は、金利を正しく見ていない可能性があります。

金利というのは一番高い数字と低い数字が記載されています。

カードローンで見るべき金利は、一番高い数字です。

低い数字は限度額を最大にしない限り達成できないため、大半の人は利用できない金利なのです。

失敗しないためには、申し込むカードローンが持つ最大の金利をチェックしてください。

最大の金利がかなり高いようであれば、返済時に負担が大きくなるので注意しておきましょう。

少しでも返済負担を減らすためには、低金利となるカードローンを選ぶのです。

「カードローンの金利は一番高い数字で見ておきましょう。」

カードローンの審査時間も知っておこう

カードローンの審査時間は、申し込む前に確認したほうがいいでしょう。

消費者金融が提供しているカードローンの場合、審査は当日中にほぼ完了し、融資も含めてその日に完了します。

一方で銀行が提供しているカードローンは、審査時間がかなり長くなっており、最終的に融資を受けるまでには1週間程度必要となります。

失敗している人は、審査が遅い銀行カードローンを選択したことで、自分が求めているタイミングで融資を受けられていません。

しっかり融資を受けるためにも、審査時間も事前に把握しておきましょう。

「審査時間は大きな要因になります。」

まとめ

● カードローンのスペックは絶対確認する
● 金利は高い数字で判断する
● 審査時間が長いものは注意する

カードローンの失敗は将来的な融資に大きな影響を及ぼしてしまいます。失敗しないためにも、まずは金利や審査時間、更にはカードローンが持つ変わった要素などを把握して、最終的に審査を受けるか検討してください。