カードローンとクレジットカードの違いをわかりやすく解説

カードローンとクレジットカードの違いはなんだろう。

どちらもお金を借りられる商品ですが、その違いが分かりづらい場合もあるでしょう。

カードローンはお金を借りる機能しか用意されていません。

一方でクレジットカードは、買い物が利用できる機能を持っています。

この違いが大きなものですが、他にも違いとされる部分がいくつかあります。

この記事では、カードローンとクレジットカードの違いを説明します。

違いがよくわからない人は、2つの商品をしっかり理解して違いを覚えましょう。

①カードローンはお金を借りる機能しかない
②クレジットカードは買い物でも使える便利なもの
③カードローンは無職が利用できない仕組み

カードローンとクレジットカードの違いとは?

カードローンとクレジットカードの違いですが、1つは利用できる場面に違いがあります。

カードローンはお金を借りる場面以外では利用できません。

一方でクレジットカードは、お金を借りる場面でも利用できますし、買い物をしたい時にショッピング枠を利用して買い物ができます。

カードローンには買い物ができる機能は用意されていないため、融資以外の対応はできないのです。

他にはクレジットカードにはブランドが設定されています。

一方でカードローンはブランドがありません。

クレジットカードブランドのように、特定の会社が認めたものを商品化していないのがカードローンです。

「カードローンとクレジットカードは利用できる場面に違いがあると言えます。」

カードローンは無職が発行できない

他に違いがあるとすれば、カードローンは無職が発行できない点があります。

クレジットカードはショッピング枠だけであれば、他に収入を持っている人がいるという条件で無職でも発行できます。

一方でカードローンは、配偶者が収入を持っていれば銀行カードローンのみ発行が認められるものの、個人の収入がなければ大半は発行できません。

仕事をしているという条件がカードローンには関与してくるため、クレジットカードとは完全に差別化されているのです。

なお、クレジットカードのキャッシング枠も仕事をしていない人には提示されません。

キャッシング枠を希望しても収入等がないと判断されれば0円として処理されます。

「無職がカードローンを発行するのは不可能です。」

カードローンは金利が低いメリットも

融資の部分で違いがあるとすれば、カードローンは低金利で借りられるメリットを持っています。

カードローンは、金利が限度額によって変動する方法ですので、低金利にする方法が可能となります。

一方でクレジットカードは、キャッシングの限度額が低く、すべての業者が固定金利で融資を行う形になります。

限度額による変動を採用しているカードローンであれば、クレジットカード以上の低金利を狙えるようになります。

特に銀行カードローンの場合、低金利での融資が期待できます。

少しでも金利を下げたいと考えているなら、銀行カードローンからお金を借りるといいでしょう。

「クレジットカードよりもカードローンは低金利で借りられます。」

まとめ

● カードローンとクレジットカードは使う場面が違う
● カードローンは職業がないと利用できない
● クレジットカードは金利が高い融資になる

カードローンとクレジットカードは利用する場面が異なるため、場合によっては両方持つという方法もあるでしょう。クレジットカードは融資には不安があるため、金利面での優遇を狙うならカードローンを検討してください。