キャッシングのメリット・デメリットをそれぞれ解説

急な出費が必要となり、キャッシングを利用したいという方も少なくないです。

しかし、キャッシングのメリット・デメリットを理解して正しく使わなければ、思わぬ借金地獄に陥ってしまいます。

そこで今回は、キャッシングのメリット・デメリットについて解説をします。

これからキャッシングをする方は、特にこの記事を読んで参考にしてください。

①キャッシングは融資可能になるまでが早い
②融資額内なら何度でも借入可能
③利息には注意

キャッシングの4つのメリット

キャッシングにはデメリットばかりではなく、メリットとなる部分が多いです。

今回は、キャッシングのメリットを4つ紹介します。

一般的なローンなどと比べると手軽な部分に注目してみていきましょう。

メリットが多いからこそデメリットが忘れがちだから注意してください!

1.面倒な審査が不要かつ早い

キャッシングの審査は車や住宅ローンと違い、面倒な手続きがいらず現在の収入と在籍確認、信用情報の調査ができれば、すぐに結果が出ます。

そのため、早い消費者金融では30分で審査が完了するところもあるほどです。

キャッシングを利用したい方の中には、すぐに融資してもらいたい方もいますので、借入スピードという点では、キャッシングがメリットに感じるでしょう。

2.全国どこでも即日借入可能

キャッシングの審査が通れば、全国どこでも即日で借入が可能になる点もメリットです。

カードを作ればATMで引き出せますし、口座振込を利用すればカードレスキャッシングもできます。

24時間借入可能な消費者金融もあるため、まさに困ったときの強い味方になってくれる点は魅力的ですね。

3.限度額内なら何度でも借入可能

キャッシングには融資限度額が設定されています。

この融資限度額内部であれば何度でも借入ができるのもキャッシングのメリットです。

例えば、50万円のキャッシング枠で、40万まで返済したと仮定しましょう。

そうすると、返済途中であっても新たに10万円が借入可能になるため、急な出費があっても対応することができます。

4.保証人が不要

原則、キャッシングには担保や保証人が不要です。

保証人や連帯保証人は保証会社が担ってくれるため、自身の返済能力のみでキャッシング可能か審査してもらえます。

あまりいいことではありませんが、もし自身が返済できなくなってしまった場合でも、親や親戚にバレることがないということですね。

キャッシングの2つのデメリット

キャッシングはメリットがあるものの、デメリットになる部分が大きいです。

では、どのような点がデメリットになるのかをみていきましょう。

デメリットは2つしかありませんが、かなりマイナスな面が大きいので注意してください!

1.借金という感覚が薄れる

キャッシングはATMや口座振込などを用いて手軽に借りれるため、借金をしている感覚が薄れがちです。

お金がないならキャッシングを利用すればいい気持ちになってしまうと、気づかぬうちに借金が増えてしまい、返済ができない落とし穴にハマってしまうことも。

よほどのことがない限りキャッシングは利用しないという強い気持ちを持って利用することが必要です。

2.利息・返済総額が大きい

キャッシングは一般的なローンやリボと違って利息が大きいです。

利息が大きいと自然と返済総額も大きくなってしまうため、長期的に見ると損をしてしまいます。

キャッシングは一時的に利用するもので、常に利用していてはいけません。

だからこそ、必要最低限の利息と返済総額できっちり完済できるようなプランが必要になります。

まとめ

●キャッシングはメリットよりもデメリットが大きい
●キャッシングは借金という意識を忘れない
●返済計画をしっかり立てて完済しよう

キャッシングのメリット・デメリットについて解説しました。

メリットとなる部分はもちろんありますが、デメリットが非常に大きいのがキャッシングです。

だからこそ、返済計画をしっかり立てて、借りすぎないように注意していきましょう。