即日融資の申し込み方法や利用の流れをわかりやすく解説

どうしても今すぐお金が必要になったときは、即日融資に対応しているローンを選ぶことが大切です。申し込みから最短5分で借り入れできるカードローンもあるため、とにかく急いでいる人にぴったり。

 ですが、即日融資に関する知識が曖昧だと、利用者が思わぬ不利益を被ることがあります。今回は側室融資の申し込み方法や利用までの全体フローをまとめていきます。

①そもそも即日融資とは?
②即日融資の申し込み方法を解説
③即日融資を申し込む時に押さえるべきポイントとは?

①そもそも即日融資とは?

即日融資とは、ローン契約の申込当日のうちに、借入ができることをいいます。全ての金融機関のカードローンでも即日融資を利用できるわけではありませんし、申込方法次第では即日融資が不可となります。

即日融資の特徴は以下の通りです。

  • 銀行系カードローンは即日融資不可
  • 即日融資と即日審査の違いに注意
  • 即日融資可だからといって審査が省かれることはない

銀行系のカードローンの場合、暴力団への資金援助を防ぐために審査の際に警察庁のデータベースで照会が必須です。そのため審査が数時間で終わらずに即日融資はできないケースがほとんどですほとんどです。すぐに借入したい場合は、即日融資を行っている消費者金融系のカードローンの利用をおすすめします。

また即日融資だからといって審査が行われないことはありません。審査がないことを期待して即日融資を利用することがないようにしましょう。

②即日融資の申し込み方法を解説

即日融資での申し込みに利用されるのは、インターネット振込、アプリローン、自動契約機の3つです。

インターネット振り込み

インターネット振込は、原則24時間365日いつでも申込が可能です。土日祝日や夜間も申込可能ですので、利用者が多いです。申込みが完了すると、最短わずか10秒で口座に振込が実行されることも。ただし、お手持ち口座への振込実施時間によっては、すぐに反映されないこともあります。インターネット振込をご利用になる前に、お手持ち口座の振込実施時間を確認しておきましょう。

アプリローン

申込時に書類の郵送などが一切ないのがアプリローンの特徴。自宅に郵便物としてカードが届けられることがなく、家族や周囲に知られずに借入をすることもできます。

自動契約機

自動契約機は、誰にも会わずにタッチパネルの操作だけで申込から借入まで完了できるサービスで、手続きは30分程で完了します。

③即日融資を申し込む時に押さえるべきポイントとは?

申し込み時には以下のような準備が必要です。

必要書類をそろえておく

本人確認書類が必要です。氏名や現住所、生年月日がわかるもので、運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証、在留カードか特別永住者証明書などをご用意ください。

土日の在籍確認に注意する

審査の過程で、在籍確認が行われることがあります。申込の際に記入した勤務先に誤りがないか確認することが目的で、確認できないと審査が通りません。勤務先の定休日である土日に申込をすると、在籍確認がとれない可能性があります。事前に相談し、在籍確認の都合が合うようにしましょう。

まとめ

今回は即日融資の申し込み方法や利用までの流れについて説明しました。即日融資は申し込んだその日に借入ができますが、審査がないわけではありません.。また、申込方法は複数あるのでご自分のライフスタイルにあったものを選び、計画性を持って進めましょう。