即日借金とは?特徴や利用するメリットを解説

即日借金は即日融資とも呼ばれ、原則として申し込んだその日から借入が可能です。しかし借入前に行う審査の結果次第ではその日中に借入ができないこともあります。ですが、利用するからにはなるべく早く融資を受けたいと思う方も多いのではないでしょうか?

今回は即日借金の特徴や、利用する際にメリット、審査に通らなくなるポイントなどをお伝えし、皆さんの不安を解消していきます。

①即日借金とは?メリットもご紹介
②申込当日中に借入するコツ
③審査に落ちてしまう人の特徴は?

①即日借金とは?メリットもご紹介

一般的なカードローンは審査が通るまで数週間がかかります。

ですが、即日借金となると、最短30分で審査結果が通達され借入が可能になります。結婚式や引越しといった急なライフイベントである程度のお金が必要になった時にとても便利なサービスといえますね。

例えば銀行カードローンだと最低3日は審査にかかるため即日借金は不可ですが、消費者金融だと審査から契約まで数時間で済んでしまい申込日に融資を受けることができます。

また融資手続きは一般的に1社ずつ行い、同時に複数の金融業者の審査を受けることは避ける方が無難です。

即日借金なら審査に落ちてしまってもすぐに次の金融業者のカードローンの審査に申込ができ、余計な時間を省くことができますよ。

②申込当日中に借入をするコツ

銀行や消費者金融の取り扱っているカードローンでは、Web申込ならば深夜も含めて即日での申込が可能です。Web申込のほかにも「電話申込」「無人契約機」「有人店舗」などがありますが、深夜に営業していません。

消費者金融の場合、Web上で24時間いつでも申込ができますが、申込が可能な時間帯と審査受付時間は異なるため注意が必要です。当日中に借入をするためには、審査受付時間内に審査を終えて契約を完了させなければなりません。

即日融資を最短で利用するためには審査回答にかかる時間も配慮しなければなりません。 

確実にその日中に借入を希望するなら、できるだけ早い時間に申込を済ませるのが無難です。

③審査に落ちてしまう人の特徴は?

即日借金を利用するには審査を通ることが肝心ですので、落ちやすい人の特徴をまとめたので審査対策にお役立てください。

  • 年収に見合った借入額以上を希望している
  • 過去の信用取引の履歴に問題がある

審査には「総量規制」といって法律による借入金額の上限が設定され、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みがあります。

例えば年収240万円の人が借入希望金額を100万円にした場合、年収の1/3以上であるので審査が通りません。 

また信用情報が傷ついている人も審査に落ちる傾向にあります。信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの情報です。信用情報に傷ついている人とは、3ヶ月以上の返済の滞納や、自己破産・債務整理を経験した人のことを指し、これらの情報は最長で5年間は信用情報機関に登録されています。

審査に落ちてしまった場合、借入希望額を再検討し、さらにご自身の信用情報を信用情報機関に問い合わせてみるとよいでしょう。

まとめ

今回は即日借金に関する基本的知識と、スムーズに手続きを済まして申込日中に借入を可能にするコツについてご紹介しました。即日借金には借入に至るまで、必ず審査を受けなければなりませんが、この審査手続きをいかに円滑に進めるかどうかが重要なポイントです。適切な申込手段や希望借入額なら即日借金は可能なことを心に留めておいてほしいですね。