即日融資の申し込みができる時間は?深夜もOK?

「もう夜中だけど明日中にまとまったお金を用意しないといけない」

「すぐに借入がしたいのに、仕事に追われて申し込みする時間がない」

仕事や育児に追われただでさえ忙しいのに、借入申し込みまでスケジュールに加わってしまうと本当に大変ですよね。なるべくスマートに申し込みを済まして時間を有効に使いたい方におすすめなのが即日融資。申し込んだ日から融資が利用できますが、深夜に申し込んだ場合はどうなるのでしょうか?

今回は即日融資ができるタイミングなど、申し込み方法の基本的な流れをお伝えしていきます。

①カードローン申し込みはWebで24時間いつでも可能
②申し込み対応時間は決められている
③できるだけ早く借りる方法と注意点

①カードローン申し込みはWebで24時間いつでも可能

銀行や消費者金融の取り扱っているカードローンでは、Web申込ならば深夜も含めて即日での申込が可能です。Web申込のほかにも「電話申込」「無人契約機」「有人店舗」などがありますが、深夜に営業していません。なかなかまとまった時間がとれない方には24時間365日受付できるWeb申込がおすすめです。

実際にお金を借りられるようになるには、申込後におこなわれる審査〜契約まで済ませる必要があります。契約を済ませてローンカードを受け取れば、コンビニのATMから24時間いつでもお金を引き出すことができます。

カードレスキャッシングにすればカードの郵送を待たずに融資を受けることができますよ。

②申込み対応時間は決まっている

消費者金融の場合、Web上で24時間いつでも申込ができます。ただし、申込が可能な時間帯と審査受付時間は異なるため注意が必要です。当日中に借入をするためには、審査受付時間内に審査を終えて契約を完了させなければなりません。

即日融資を最短で利用するためには審査回答にかかる時間も配慮しなければなりません。金融機関での審査が完了すると、申込者へ電話またはメールで連絡が入ります。審査完了までの所要時間は、金融機関または申込者次第で大きく違います。

確実にその日中に借入を希望するならば、できるだけ早い時間に申込を済ませるのが無難です。

③できるだけ早く借りる方法と注意点

深夜に融資を受けれるかは金融業者の審査受付時間と審査回答までの所要時間により変わります。一般的な目安である20時以前と20時以降で、一番早く借入できる方法をお伝えします。

20時以前で早くお金を借りる方法

20時以前であるならば、まずはいち早くWeb申込をすると良いでしょう。申込をした後、最寄りの無人契約機まで行って契約〜カード発行を済ませることができたら、当日中に借りられる可能性があります。

Webで契約まで完了すれば、ローンカードの発行は郵送となります。無人契約機へ行けば、その場でカードを発行できて、すぐにATMで借りられるという点が大きな強みです。

審査時間や金融機関にもよりますが、申込から融資まで最短1時間で終わらせることも可能です。

20時以降で早くお金を借りる方法

無人契約機の営業時間は、一般的には21:00もしくは22:00となっています。ですから20時を超えての申込となると、借入までを当日中に済ませるのは難しく、お金を借りられるのは早くても翌朝となります。深夜に申込むことになったらできるだけ早く申込んでおきましょう。それは翌朝の審査対応時間を迎えた時に、基本的に申込があった順に電話連絡が行われるからです。

まとめ

今回は即日融資の申込みができるタイミングについて解説しました。申込むこと自体はWebで24時間可能ですが、申込が受理される時間帯は既に設定されているので申込日に融資を受けられるとは限りません。また審査報告にかかる時間も考慮すると、確実に即日融資を受けたいならば深夜の申込は避けた方が無難です。