教師でも消費者金融でキャッシングできるのか?学校にバレたらまずい?

教師は社会から、高い倫理性を求められる職業です。

しかし、教師も同じ人間なので、お金に困ることはあるでしょう。

そんな時、教師は消費者金融でキャッシングできるのでしょうか。

消費者金融でキャッシングするにしても、世間体が気になる教師は多いはずです。

学校や親にキャッシングの事実がバレると、まずいのでしょうか。

他にもっとよい、お金を借りる方法はないのでしょうか。

教師でも消費者金融でキャッシングできるのか、学校にバレたらまずいのか、教師におすすめのお金を借りる方法について、それぞれ解説します。

①教師でも消費者金融でキャッシングできるのか?
②消費者金融でキャッシングしたことが学校にバレたら、まずい?
③教師におすすめのお金を借りる方法

教師でも消費者金融でキャッシングできるのか?

教師でも、消費者金融でキャッシングできます。

教師は金融属性が高い職業なので、審査通過の可能性が高いだけでなく、高額融資を提示される可能性もあるでしょう。

ただし、信用情報に問題がないことが、大前提となります。

  1. 他社借入金額や件数
  2. 毎月の返済状況
  3. 金融事故の有無

これらの情報に傷があると、いくら金融属性が高い教師と言えども、消費者金融のキャッシング審査で落ちます。

消費者金融からのキャッシングが学校にバレたらまずい?

消費者金融からのキャッシングが学校にバレても、業務上の問題は特にありません。
ただし、教師という職業柄、世間的に気まずいことは確かでしょう。
バレたらまずいと言えるのかもしれません。

教師は社会から、高い倫理性を求められる職業です。

特に、児童の親からは、そのような目で強く見られるでしょう。

「立派な人物」であることを、強く期待される職業と言えるかもしれません。

「消費者金融からキャッシングする人間は、立派な人間ではない」とは、一概には言えないでしょう。

人それぞれ、いろいろな事情があるはずです。

しかし、教師の場合キャッシングがバレるとそれだけで、「お金にだらしない人」というレッテルを貼られかねません。

職場の同僚や上司(教頭や校長)からの評価も、同様です。

教師の場合、業務上接する人間の数が多いのも、消費者金融からのキャッシングにおいては、マイナスに働く可能性があります。

簡単に言えば、「いつどこで誰に見られているかわからない」ということです。

例えば、返済のため無人ATM店舗に入っていく姿を、児童の親御さんに目撃された場合、その後かなり気まずい思いをするのではないでしょうか。

大都市圏に勤務する教師なら、そのような心配はしなくてよいのかもしれません。

しかし、地方都市や小さな市町村に勤務する教師なら、世間の目は気にせざるをえないはずです。

教師におすすめのお金を借りる方法

教師におすすめのお金を借りる方法は、以下の3つです。

  1. 共済組合の貸付制度
  2. 互助会の貸付制度
  3. ろうきんの「マイプラン」

いずれの制度も、教師がお金に困った時のために用意された制度なので、後ろめたい気持ちを持つことなく利用できるでしょう。

共済や互助会の貸付制度なら、低い金利でお金を借りられますが、用途が限定されます。

逆に、ろうきんのマイプランなら、用途は問われませんが、金利が高くなるのが特徴です。

ただし、ろうきんマイプランの金利は3.875~7.7075%なので、消費者金融のキャッシング(18.0%前後)よりは、はるかに低い金利でお金を借りられるでしょう。

まとめ

・教師でも消費者金融でキャッシングできる
・学校にバレても業務上の問題はないが、世間体の面からは好ましくない
・教師におすすめのお金を借りる方法は、「共済や互助会の貸付制度」と「ろうきんマイプラン」

教師でも問題なく、消費者金融でキャッシングできます。

ただし、教師という職業事情を考慮すれば、世間体の面から決して好ましくはないでしょう。

教師がお金を借りるなら、「共済や互助会の貸付制度」や「ろうきんマイプラン」がおすすめです。

これらはそもそも、教師がお金に困った時のために用意された制度(ローン商品)なので、利用に際してのうしろめたさが少ないでしょう。