医者は消費者金融のキャッシングで有利?借りやすいって本当?

医者は安定して高収入が見込める職業ですが、「医者は消費者金融のキャッシングで有利」「医者は消費者金融からお金を借りやすい」という噂は、本当でしょうか。

お金を借りる方法として、消費者金融のキャッシング以外だと、医者にはどのような手段があるのでしょう。

もしも自己破産してしまった場合、医者を続けられるのでしょうか。

医者は消費者金融のキャッシングで有利なのか、借りやすいのか、医者におすすめのキャッシング方法、自己破産をすると医師免許はどうなるか、それぞれについて解説します。

①医者は消費者金融のキャッシングで有利なのか(借りやすいのか)
②医者におすすめのキャッシング方法
③医者が自己破産をすると、医師免許はどうなるのか

医者は消費者金融のキャッシングで有利なのか?借りやすいのか?

医者という肩書は、消費者金融のキャッシングで有利に働きます。「医者は消費者金融のキャッシングで借りやすい」という噂は、本当です。

安定して高収入が見込める点が、審査において高評価を受けます。

ただし、同じ医者でも勤務医か開業医かで、借りやすさに多少の違いはあるかもしれません。

消費者金融のキャッシング審査においては、収入の高低よりもその安定性が重視されます。開業医よりも勤務医の方が、消費者金融からキャッシングしやすいはずです。

いずれにせよ、信用情報に問題がなければ、医者が消費者金融でキャッシングしやすいのは、疑いようがないでしょう。

医者におすすめのキャッシング方法

医者には、医師信用組合や医師協同組合からのキャッシングをおすすめします。

これらの組織には、医者のための融資制度が用意されているので、お金を借りるにあたり後ろめたさが少ないでしょうし、消費者金融のキャッシングよりも金利が低いからです。

消費者金融のキャッシングに相当するフリーローンはもちろん、住宅ローンや教育ローンなど、用途に応じて豊富な融資制度が用意されているので、目的別にお金を借りられます。

研修医や開業医向けのローンがあるのも、おすすめする理由のひとつです。

銀行が展開する各種ローンを利用する際も、医者だと審査に通りやすくなります。

銀行カードローンも、消費者金融のキャッシングに比べて金利が低いので、おすすめです。

医者が自己破産をすると、医師免許はどうなるのか

医者が自己破産をしても、医師免許をはく奪されることはありません。

自己破産は、医師の欠格事由に該当しないからです。

つまり、医者が自己破産をしても、医者を辞める必要はありません。

医師免許をはく奪されない上に、業務に必要な設備も残せます。

勤務医でも開業医でも、業務の遂行に大きな支障は生じないはずです。

ただし、自己破産をするとその後5年間は、民間の貸金業者からお金を借りられなくなります。

開業医の場合は特に、将来的な病院運営にも暗い影を落とすでしょう。

自己破産をすると、官報に名前が掲載される点も厄介です。

官報をチェックするのは、金融機関や信用情報機関など一部の人間に限られるとされますが、閲覧制限がないので、いつ誰に見られるかわかりません。

何かのきっかけで、自己破産した事実が周囲に露見すれば、医者としての体裁は悪いでしょう。

仕事を続けられるとは言え、自己破産により医者が受けるダメージは、小さくないのかもしれません。

まとめ

・医者は消費者金融のキャッシングで有利(借りやすい)
・医者におすすめのキャッシング方法は、信用組合や協同組合の融資制度
・医者が自己破産をしても、医師免許をはく奪されない(医者を続けられる)

医者が消費者金融のキャッシングで有利なのは、疑いようがありません。

あらゆる職業の中でも、借りやすさにおいて上位にランクされるでしょう。

信用組合や協同組合には、医者のための融資制度があります。

フリーローンもあるので、医者におすすめのキャッシング方法です。

医者が自己破産をしても医師免許を失うことはありませんが、その後5年間、あらゆるローンが組めなくなります。

世間体的にもさまざまなシチュエーションで、体裁の悪さを感じるかもしれません。

くれぐれも、過度なキャッシングには気を付けてください。