キャッシングが不安、怖い原因と対処方法とは?

「 消費者金融の取り立てが怖くてキャッシングにためらってしまう」

「利息や手数料で返済できなくなったらどうしよう」

キャッシングにまつわる不安は、利用したことがない方にとってとても怖いですよね。

そこで今回は、キャッシングの不安や怖い原因をまとめ、どう対処していけばいいのかについて解説します。

これからキャッシングをしようと検討している方は、対処法をしっかりと読んで参考にしてください。

①キャッシングに対する不安は4つ
②対処法を理解しておけば安心
③大事なのは借り過ぎないこと

キャッシングは怖い?不安になる4つの原因とは

初めてキャッシングを利用する方にとっては、怖い・不安という印象は強いものです。

では、具体的な怖い・不安の原因を4つピックアップしましたのでみていきましょう。

使い方を理解すれば不安になる必要もないので安心してください!

1.返済が滞ると厳しい取り立てのイメージがある

まず1つ目は、厳しい取り立てのイメージがある点です。

ドラマや昔の闇金業者では厳しい取り立てをするこがありましたが、現在の消費者金融ではまずありませんので安心してください。

返済が滞るのはよくないことですが、その際は電話やメールにて連絡がきます。

連絡を無視をし続けると一括返済の申し出や信用情報に傷がついてしまう点は注意しましょう。

2.利息が高すぎて返済が苦しい

2つ目は利息が高すぎて返済が苦しくなる点です。

たしかに、銀行のカードローンやクレジットのリボ払いよりはやや金利が高い傾向にあります。

しかし、大体の平均ですが、銀行カードローンは年14%、リボ払いは年15%、キャッシングは年18%です。

比較すると、そこまで利息の差はありません。

また、返済が苦しい場合は借入先の業者に相談も可能です。

3.周りからの反応が怖い

3つ目は、周りからの反応が怖い点です。

もし、キャッシングを使っているあるいは契約をしている場面を見られた場合、周りから借金をしている人という烙印を押されてしまうのではないかと悩む方も少なくありません。

しかし、現在ではWeb申し込み可能で店舗に足を運ぶ必要もなく、キャッシングカードを使わなくても借入ができます。

周りからバレずにお金を借入することができるため、怖がる必要もないでしょう。

4.審査が通るのか不安

4つ目はそもそも審査が通るのかという不安です。

キャッシングの審査は明確な基準がないものの、以下の条件を満たしていれば通過しやすくなります。

  • 安定した収入がある
  • 他社からの借入がない
  • 信用情報に問題がない

もし、延滞履歴がある、自己破産をした経験があるとなると、審査に通過しにくくなるため、気を付けなくては行けません。

また、総量規制と呼ばれる借入金額が収入の3分の1まで達していると、新たにキャッシングができない点も注意してください。

審査は100%通るという確証はありませんが、以上の点に問題がなければ、不安になる必要もないでしょう。

キャッシングに大事なのは使い方!3つの対処法を紹介!

キャッシングを利用する際に大切なのは使い方です。

ここでは、キャッシングが怖い・不安という方のために3つの対処法を紹介します。

対処法を知って、キャッシングを正しく使っていきましょう。

キャッシングの不安は対処法で解決できるよ!

1.必要以上に借り過ぎない

キャッシングにおいて1番重要なことは必要以上に借りすぎないことです。

お金が手元にあると自分のお金のように錯覚してしまい、ついつい使いたくなってしまいます。

しかし、あくまで借りたお金なので、必要以上に借りすぎないようにしましょう。

キャッシングする際は借りる目的以外には使わないようにするのが賢い使い方ですね。

2.カードレスキャッシングを使えば周りにバレない

周りにバレることが気になってしまう方は、カードレスキャッシングができる消費者金融を選ぶといいでしょう。

カードレスキャッシングなら、指定口座に直接振り込んでもらえるため、親や友人にバレることもありません。

3.計画的な返済プランを組み立てる

借りすぎや支払いの延滞を防ぐためには、やはり計画的な返済プランは必要不可欠です。

もし、自分で返済プランがたてられないようなら、信頼できる人に頼む、あるいは弁護士・司法書士に相談するのもいいでしょう。

お金が足りないときにいつでも借りられるという誘惑は、いずれ身を滅ぼしかねません。

きっちり返済して、自分の首を苦しめた生活はしないようにしましょう。

まとめ

●キャッシングに対する不安は解決できる
●対処法を理解して正しい使い方をしよう
●キャッシングは借りすぎないようにしよう

キャッシングに対して怖い・不安を感じる方も少なくありません。

しかし、正しく対処すれば急な出費のときでも安全に利用することができます。

1番大事なのは借りすぎないことです。

必要以上の借入は絶対に避け、計画的な返済をしていきましょう。