キャッシングの返済方法とは?わかりやすく解説

キャッシングの返済はどのように進めるのだろう。

キャッシングに慣れていない人は、返済方法がよくわからないこともあるでしょう。

毎月の返済はとても重要なもので、キャッシングの返済ができていないと大きな問題となります。

返済方法については業者ごとに違いがあるものの、対応している方法は似たようなものです。

大まかな返済方法を覚えておけば、安心して返済できるでしょう。

この記事では、キャッシングの返済について説明します。

返済方法がよくわかっていない人は、これからのために返済方法を覚えましょう。

①キャッシングの返済方法は多様化している
②大半の人が引き落としを選んでいる
③返済に遅延すると大きな損失となる

キャッシングの返済方法とは?

キャッシングの返済方法は業者によって違いがあるものの、大体以下の2つが採用されています。

  • 口座引き落とし
  • ATM振込

この他にも銀行口座に振り込む方法が採用されていますが、あまり利用されていないので今回は省略します。

大半のユーザーが口座引き落としによる返済を採用しており、決まった日数になるとお金が自動的に返済されていく状況になります。

毎月の返済を楽にしている方法ですが、口座引き落とし以外の方法で返済しなければならない業者の場合、ATM返済を求められるケースが多くなっています。

どちらの方法にも対応できるように、返済方法の詳細はしっかり理解したほうがいいでしょう。

「キャッシングの返済方法は大きく分けて2つあると考えてください。」

口座引き落としによる返済方法

口座引き落としによる返済方法は、キャッシング業者に対して引き落とし先の口座情報を提供し、その口座から指定された日に引き落としてもらう方法です。

個人で手続きすればいいのは、口座引き落とし先を決定するだけであり、それ以外の手続きについては勝手に業者が行います。

手間がかからない点も含めて、口座引き落としを選択している人は多くなっています。

一方で、お金を入れ忘れるなどの問題により、口座引き落としが上手にできない場合もあります。

お金の入れ忘れなど、引き落としに問題が生じないように気をつけてください。

なお、口座引き落としを採用していないキャッシング業者もあります。

この場合は他の方法で返済してください。

ATMによる返済方法

口座引き落としを採用していない業者、または口座引き落としを利用しない人は、ATMによる返済方法を使います。

これは、ATMでキャッシング用のカードを挿入して返済する方法です。

対応しているATMにカードを挿入すると、返済用の画面が表示されます。

この画面内で返済手続きを実施すると、毎月の返済ができるというものです。

キャッシングの返済を少しでも早めたい人は、ATM返済を利用したほうがいいでしょう。

この方が返済までにかかる時間が短くなり、利息を抑えられるメリットがあります。

一方で、毎月の返済忘れが発生し、遅延損害金の対象となるケースが多くなる傾向もあります。

返済忘れが発生しないように、返済日はしっかり覚えておきましょう。

まとめ

● キャッシングの返済は大きく分けて2つ
● 口座引き落としによる返済のほうが楽
● 返済忘れによる遅延損害金に注意

キャッシングの返済は基本的に口座引き落としが採用されますが、他の方法による返済を希望する業者もあります。キャッシング業者が採用している方法をしっかり確認し、どの方法なら自分が返済できるか把握しておくといいでしょう。