カードローンの複数申し込み(借り入れ)は大丈夫?

カードローンは複数の申し込みをすればいいのではないか。

カードローンを知らない人は、審査を通過する確率を上げるためにこう考えるかもしれません。

審査というのは1社ごとに行われていますが、複数の申し込みについては気づかれる可能性が高くなっています。

他にも申し込みをしていると判断されれば、審査に落とされてしまうので注意してください。

場合によっては大きな問題に直面する場合もあります。

この記事では、カードローン複数申し込みについて説明します。

気になるカードローンが2つ以上ある場合は、本当に複数申し込みがいいのかしっかり考えておきましょう。

①カードローンの複数申し込みは禁止
②複数申し込みはすべての審査に落とされる
③別々に審査を通過して借り入れる方法は認められる

カードローンの複数申し込みは厳禁

カードローンは、複数申し込みを禁じていますので、同じタイミングで2つ以上のカードローンへ申し込まないでください。

カードローンの規約には、他社の申込みが確認されれば、利用できないといった記述を設けている業者もあります。

こうした記述を設けている業者では、複数申し込みが確認できる時点で審査に落とされます。

同時に他に申し込んでいる業者でも審査に落とされていまいます。

一見すると、業者ごとに審査をしているため複数申し込みは気付かれないように思われますが、実は情報機関を通じて申込み状況は共有されています。

簡単に気づかれてしまうため、複数申し込みは絶対に避けることが望ましいでしょう。

「カードローンの複数申し込みは絶対に避ける行為です。」

カードローンを複数持つことは可能

同時に審査を受ける方法は禁止されていますが、カードローンを複数持つことは可能です。

カードローンを複数持っていたとしても、双方の審査はクリアしているため問題なく利用できるのです。

カードローンは、契約を解除しなければ審査を通過した分だけ保有できます。

収入を多く持っている人であれば、割とカードローン審査を何度も通過できる可能性があります。

上手に使い分ければ、金利面や返済方法の利便性などを感じられるでしょう。

ただ、複数のカードローンを保有するための難易度は高くなります。

バラバラに審査を受けるのは当然ですが、カードローンを保有しているとその分だけ審査基準が厳しくなります。

メリットは得られるものの、審査通過のデメリットが増えるためしっかり考えたほうがいいでしょう。

「カードローンの複数持ちは可能です。」

カードローンの複数借入も可能

カードローンの複数借入についても可能としています。

よく多重債務という言葉が聞かれますが、これはカードローンから複数借りているケースも多々見られます。

複数借り入れについては、カードローンを複数持っていれば普通に可能となります。

ただ、複数借り入れについては、返済が非常に困難となる問題点を抱えてしまいます。

また、複数借り入れで他社の審査に影響するケースも多く、本当に契約したいローンを得られない可能性が高まります。

基本的に複数の借り入れは避けたほうがいいでしょう。

「多くの会社で借りてしまうと返せなくなります。」

まとめ

● カードローンの複数申し込みは絶対に避けること
● バラバラに審査を受けて複数のカードローンを持つのは可能
● 複数借り入れは返済にも多大な影響が及ぶ

複数の借入を検討している人は、カードローンの返済が難しくなることを想定し、本当に利用してもいいのかしっかり考えたほうがいいでしょう。場合によっては1つのカードローンに絞ったほうが安心です。