看護師は消費者金融のキャッシングに通る?不利?

看護師は、安定して高収入が期待できる職業です。

社会的な信頼性も高いので、消費者金融のキャッシングにも、通りやすいイメージがあるのではないでしょうか。

しかし実際には、「看護師は消費者金融のキャッシングにおいて、不利なのでは?」という噂を耳にすることがありますし、そういった口コミをインターネット上でも見かけます。

看護師は、消費者金融のキャッシングに通りやすいのでしょうか。それとも、不利なのでしょうか。

看護師は消費者金融のキャッシングに通るのか、審査において不利なのか、審査に通りやすい看護師と通りにくい看護師の特徴について、それぞれ解説します。

①看護師は消費者金融のキャッシングに通るのか(審査において不利なのか)
②消費者金融のキャッシングに通りやすい看護師の特徴
③消費者金融のキャッシングに通りにくい看護師の特徴

看護師は消費者金融のキャッシングに通る?審査で不利?

看護師は消費者金融のキャッシングに通りますし、看護師だからといって審査で不利になることはありません。

むしろ、看護師は安定して高収入が見込めるので、消費者金融のキャッシングに通りやすい職業のひとつと言ってもよいでしょう。

ただし、激務が伴う職業柄、審査に通りにくい看護師がいるのも事実です。

消費者金融のキャッシングに通りやすい看護師と、通りにくい看護師の特徴を、それぞれ紹介しましょう。

消費者金融のキャッシングに通りやすい看護師の特徴

消費者金融のキャッシングに通りやすい看護師の特徴は、以下の通りです。

  • 勤続年数が長い
  • 小規模病院に勤務している
  • 信用情報に問題がない

勤続年数が長い看護主任クラスの看護師は、消費者金融のキャッシングに通りやすいでしょう。

収入の安定性において、長年の実績に基づく抜群の信頼度があるからです。

小規模病院に勤務する看護師は、在籍確認がとりやすいので、消費者金融のキャッシングに通りやすくなるでしょう。

開業医や町医者が経営する病院に勤める看護師が、これに該当します。

看護師に限りませんが、信用情報に問題がなければ、消費者金融のキャッシングに通りやすくなるでしょう。

信用情報に問題がなければ、高収入が見込める看護師という肩書は、審査において極めて有利に働くはずです。

消費者金融のキャッシングに通りにくい看護師の特徴

消費者金融のキャッシングに通りにくい看護師の特徴は、以下の通りです。

  • 勤続年数が短い
  • 大病院に勤務している
  • 他社借入件数が多い

看護師は、勤続年数の短い人が多い職業と言われます。

過酷な労働環境や人間関係に耐えきれず、病院を転々とする人も珍しくないようです。

どんなに看護師としてのキャリアが長くても、審査においては、職場を変えると勤続年数はリセットされますから、消費者金融のキャッシングには通りにくくなってしまいます。

大学病院などの大規模な病院に勤務する看護師は、在籍確認がとりにくいので、審査においては不利になるかもしれません。

消費者金融からの在籍確認の電話は、病院の事務につながります。

病院の事務が所属する看護師個人の名前を完全に把握しているのは、極めてレアでしょう。

激務がストレスの原因となり、過度のショッピングに走った結果、複数の消費者金融からキャッシングをしてしまう看護師が、珍しくないようです。

他社からの借入件数が多いとそれだけで、消費者金融のキャッシングには通りにくくなります。

まとめ

・看護師は消費者金融のキャッシングに通りやすい(審査においても有利)
・消費者金融のキャッシングに通りやすい看護師の特徴は、「勤続年数が長い」「小規模病院に勤務している」「信用情報に問題がない」
・消費者金融のキャッシングに通りにくい看護師の特徴は、「勤続年数が短い」「大病院に勤務している」「他社借入件数が多い」

看護師は安定して高収入が見込めるので、消費者金融のキャッシングに通りやすい職業のひとつです。

審査においてもその肩書は、有利に働きます。

しかし、激務が伴う職業なので職場を転々としたり、ストレス発散のために複数社からキャッシングをして、過度なショッピングに走ったりする看護師がいるのも、事実でしょう。

このような信用情報の傷は、審査において不利に働きますから、消費者金融のキャッシングに通りにくい看護師がいるのも、また事実なのです。